発泡スチロールって意外と使えるものなのです。もっと正確に言いますと、発泡スチロールのケースが便利に使えるのですよね。たとえば、幼稚園や保育園行事、それに小学校や子供会の行事なんかにも活躍しますね。

そしてまたキャンプなんかの時にも、発泡スチロールのケースは大活躍しますよ。だって、保冷庫・保温庫的に使うことができるのですから。

発泡スチロールには温度を保つ働きがあるのです。実は私は、発泡スチロールケースは「冷たいものを入れておくのに使う」だけなぐらいに思っていたものなのですが、しかし実際には温かいものの温度を保つためにも使うことができるのですよね。

それは私が参加した子供会の夏祭りにて知ったことです。調理場で作った焼きそばやポップコーンの温度を保つために、発泡スチロールのケースは使われていましたからね。

周囲の人にそのことを言いましたら「え?知らなかったの!?」ぐらいの反応でしたから、おそらく私が無知なだけだったのでしょうけれど。

私といえば、発泡スチロールのケースが使われているところなんて、魚市場ぐらいのイメージしかなかったものですから、それで驚いてしまったのです。氷を入れて冷やしておくだけではなく、温かいものの温度を保つためにも使うのですよね。これまでの無知をお詫びして、改めて発泡スチロールってすごいなーと思ったものです。