tanker23様々なジャンルの船舶が停泊しては積荷や人間を降ろし、また積み込んで遠方へと出航してゆくコンビナートや商業港が間近にあるロケーションとなっている私の居住エリア。

いわゆる港町という風景が連続し、情緒もそれなりにあるのですが、その一方海面の方は常にどんよりとし、あまり生気が感じられません。

それも無理は無く、定期的に工場側を含めたトラブルが起こり、その都度海にかなりの量の重油が流れ込み、所々に醜い塊を形成しているからです。

しかもよりにもよって、私の趣味は海釣りときたものですから条件は最悪。身近な岸壁や堤防に出掛けても、いざ仕掛けをキャストしようとして海面を眺める度、ところどころに浮いている重油の姿を見て気分が萎えてしまうのです。

それでも生き物とはタフなもので、そんな中でも汚れに強いハゼやクロダイ等の魚が結構な頻度でヒットしてきてくれ、本当に有難いもの。

かつて綺麗だった頃はちょっと沖合に仕掛けを投入すればサバやアジといった回遊魚もヒットさせる事が出来たといいますから、いかに重油にまみれた今の海の状態が酷いかが分かります。

ようやく地元自治体でも海の環境浄化に本格的に乗り出し始めた、といったところ。海が綺麗になるまではまだまだ先でしょうが、期待は持ち続けたいものです。