solarenergy23私と太陽光発電の出会いは、家を新築する時。私としてはただでさえ家を造るのに大金が必要なのに、そんな大がかりな装置でこれ以上住宅ローンを増やしてたまるか!と思ったのですが、ハウスメーカーが提携してるので格安で取り付け可能だとか、売電で10年ほどでもとはとれるとかで主人がすっかり乗り気に。

結局、屋根に乗せれるだけ搭載し、発電が入居とともに開始。さて、この太陽光発電。発電量や電気の使用量を表示するパネルが部屋の壁についてるのですが、ボタン一つでその日の(時間や月単位でも)発電量がわかるんですよ。そして、もちろん天気の良い日は発電量が多く、雨でどんよりした日にはちょびっとしか発電しません。せっかく取り付けたのだから、たくさん発電してくれるといいな・・・と、自然と天気を気にするように。以前は、子供の運動会の日など特別な時しか天気なんてさほど気にしてなかったのですが、おかげで予報をチェックするように。…チェックしたからって雨が晴れになるわけではないんですが、翌日晴れだとなんか気分もウキウキ。太陽光発電のように私も頑張ろうなんて。明日の天気を子供から突然聞かれても即答。「ママ、すごい~」と尊敬までされ・・・。そして、前からうっとおしくて嫌いだった梅雨はますます嫌いな時期に。では一番好きな季節は太陽さんさんと輝く夏?・・・ではないんですよ。実はあまりに温度が高すぎるせいか思うほど発電量は伸びないんです。だから一番いいのは春。春は人間にとっても気持ちいい季節。太陽光発電にとっても私たちにとってもこの素敵な季節がめぐってくるのが毎年楽しみです。