中古車中古車の査定をしてもらったことがあります。なんともひどい体験をしたのでその体験談を綴りたいと思います。最初に購入した車を売ることになったときのことです。
どこも壊れてはいなかったんですが、サイズ的に使うことが出来なくなってしまったため、その車を手放し、新しい車を購入するという必要に迫られたときのことです。それほど、痛んではいない車であったので、中古車の査定を行えばそれなりの額で取引され、それを元手に新車を買えるのではないかと淡い期待をいだきつつでした。しかしながら、いざ、ふたを開けてみたところ、まったくの予想外なことに、一円にもなりませんという回答を受け、でも処分してあげるから、そのまま車を引き取った上でお金をいただきますと言われてしまいました。ほんとにありえないと思い愕然としました。
そしてその会社はそのまま車を持っていこうとしていたのであわてて断りを入れて、いやな顔をされながら戻ってきました。結果、その車を下取りで買ったところ数十万の値引きを受けられたので中古車の査定で高く売ろうというもくろみは難しいものなのだなと感じたところでした。